釜山韩国旅游指南“釜山巴士”
  • 菜单
  • 菜单
釜山旅游指南 > 庆州 > 庆州南山

庆州南山

庆州南山位于庆州南部,是重要的考古遗址,您可以充分享受新罗时代的佛教文化。

南北8キロ、東西4キロの大きさに金鰲峰(海抜468メートル)と高位山(海抜494メートル)の2つの峰を始めとする180余個の峰、40余個の渓谷があり、山のあちこちには100余ヶ所の寺跡と80余個の石仏、60余個の石塔などたくさんの遺物と仏教遺跡が散在しています。

目前,弥勒石像(宝物第136号)、神仙庵磨崖菩薩半跏像(宝物第199号)など12個の宝物と鮑石亭(ポソクジョン・史跡第1号)跡、蘿井(ナジョン・史跡第245号)、天官寺(チョンクォンサ・史跡第340号)跡など12の史跡、三陵溪谷磨崖石迦如來坐像(慶尚北道無形文化財第158号)など9つの地方有形文化財と、重要民俗資料があります。特に三陵溪谷磨崖石迦如來坐像は高さが7メートル、幅5メートルからなる巨大な自然岩壁に刻まれたもので、南山にある幾つかの座仏の中では最も大きい石像だといわれています。

2000年12月被列为世界文化遗产庆州的历史遗址根据三国遗物的记载,南山是寺庙像星星一样分散的地方之一,佛教场所也很多,所以塔的数量就和野鹅一样多(圣殿清加里塔和野鹅)。与许多文化古迹一样,自然风光使登山者感到愉悦。